投げやり、辞めたもん勝ち?

TBS News – 07/07/2011

この前、九電の「サクラ」メールについて書いたけど、その続報。

ぶっははははぁぁぁあああああっ、上等上等、結局この手の人たちって皆「投げやり、辞めたもん勝ち」な生半可タイプなんだね。

朝日新聞の記事、載せておこうっとっっっ。

——————————————————————

九電社長、辞意固める やらせメール問題で引責

2011年7月7日15時2分

九州電力幹部が社員らに対し、国主催のテレビ番組に原発再開に賛成する電子メールを送るよう指示していた問題で、同社の真部利応(としお)社長 (66)は7日、経営責任を明確にするため、近く辞任する意向を固めた。海外出張中の松尾新吾会長と週明けにも自身の進退について最終結論を出す。

真部社長は6日夜の記者会見で、発覚した「やらせメール問題」について「私は知らなかったし、指示していないが、とにかく責任は私にある」と発言。7日 午前には、朝日新聞の取材に「後任の調整もあり、私の一存では決められない。(社長を)続けるにしても長くはない」と述べて、原因究明や再発防止策に一定 のめどが付いた段階で、辞任する考えを示した。

週末に北欧出張から帰国する松尾会長と11日にも会い、進退について協議し、最終的な結論を出す。原発再開問題などの懸案が山積していることもあり、辞任する時期などについて話し合う。後任には、総務担当の藤永憲一取締役(60)らが浮上している。

やらせメール問題をめぐっては、玄海原発(佐賀県玄海町)2、3号機の再開問題を県民に説明する6月下旬のテレビ番組に再開賛成のメールを送るよう、九電幹部が自社や子会社の社員に指示していたことが発覚。海江田万里経済産業相は「様々な立場からの率直な意見や質問に答えるという番組の趣旨を根本から損 なう言語道断の行為で、極めて遺憾」との談話を発表し、責任の明確化と再発防止を求めていた。

真部社長は2007年6月に就任。九電は発電量の4割を原発に依存しているが、将来的に5割に増やす方針を掲げ、国内で最大出力となる川内原発(鹿児島 県薩摩川内市)3号機の増設計画を進めてきた。だが、東京電力福島第一原発の事故で同計画は事実上凍結。定期検査で停止している玄海2、3号機の運転再開 の時期についても、めどは立っていない

http://www.asahi.com/special/10005/SEB201107070017.html

——————————————————————

いいかげんにしろよ。

私は知らなかったし、指示していないが、とにかく責任は私にある」だってさ、かなりオトボケな人が、ボスっていう立場にいるんだねぇぇぇえええ!!!

あんたじゃなかったら、誰なんだよ、「九電幹部が自社や子会社の社員に指示していた」・・・はい、出た出た、お得意技のヤツね。

九電幹部・・・はい、誰ですか?ソコは、何も言うことないの?

あと、「定期検査で停止している玄海2、3号機の運転再開 の時期についても、めどは立っていない。」って・・・いやいや、「めど」は立てなくていいから、さっさと停めて去ってればいいからぁぁぁあああ!!!

九電・真部利応(としお)社長っ、「とにかく責任は私にある」って、あんたコレは正しいよ、超☆大正解だよ。

だけどね、本当の本気の、ほんまもんの「責任とり」したかったら、自分とこの原発全部「停めたら」いいんだと思うよ。

辞意固められても、なんも変わってないし、信用なんて、そんなもん既にないんだからさマジ。

高学歴なんでしょ?頭良くて、優等生でズっとヤってきて、今日さ、あんたはソノ地位になってるわけだ、最後に少しだけでも「人間」的な言動して辞めれば退職後、自分が想像してた以上に「明るく」なるんじゃね?

とにかく、終わってるわ、相変わらずぅぅぅ、はいっ、お疲れぇぇぇええええええっすっ!!!

で、2011年7月6日付けの社長のコメントがコレ。

国主催の県民説明会番組への意見投稿呼びかけに関する社長コメント(7月6日)

本日の衆議院予算委員会でのご質問の中でありましたが、当社が関係会社に対し、先月26日の玄海原子力発電所の安全対策等に関する国主催の県民説明会の番組へ意見投稿を呼びかけたということについて、現在、現時点で分かっている範囲でご説明申し上げます。
説明番組の主旨を踏まえ、活発な議論及び理解を深めるためには原子力に携わる側の意見を出すことも必要ではないかと考え、当社社員から原子力関係協力会社を対象に意見投稿していただくよう、お願いしたものであります。
本件については、原子力の安全性について、本来、幅広い意見が、偏りのないかたちで集約されることが本来の姿と考えます。
今回の当社の呼びかけが、中立的な立場からの参加要請であれば、ある程度は許容されると考えますが、賛成の立場から意見を表明するよう要請しており、国の説明会の信頼性を損なうかのような結果になったことに対し、心よりお詫び申し上げます。

九州電力株式会社

http://www.kyuden.co.jp/notice_comment_110706.html

だってさ。

あたしは、「賛成の立場から意見を表明するよう要請しており」って、「強制」だと思うけど、ねぇ?違うのぉぉぉおおおお??

追記 (2011年7月7日)

産経ニュースによると。。。例の「やらせメール」は九電社員の約2300人の人に伝わったらしいよ、以下、記事まんま、ほれっ!!

————————————————————–

産経ニュース (2011年7月7日)

依頼、2300人に伝わる 九電メール、転送で急拡大

九州電力社員が玄海原発(佐賀県玄海町)の安全性を説明する番組宛てに原発再開を支持する「やらせメール」を送信するよう子会社4社に依頼していた問題で、依頼が4社の社員計約4400人のうち、少なくとも約2300人に届いていたことが7日、九電の社内調査で分かった。

九電によると、同社原子力発電本部の課長級男性社員が6月22日、子会社の「西日本プラント工業」「九電産業」(ともに福岡市)など4社の原子力部門担当者に依頼メールを送信。担当者4人はそれぞれ自社の社員にメールなどで伝達し、計約2300人に届いたという。

その後の転送やプリントの回覧などによる二次的な拡大については、九電は「把握できていない」とした。男性社員は同22日に九電社内の3事業所の担当者3人にも送信している。

この問題で、真部利応社長は7日、発信源の男性社員から約20分、事情を聴いた。聴取は7日午前10時20分に始まり、子会社にメールを送った動機や送信先などを確認した。

九電は、7日の調査内容の詳細や男性社員の話などを公表せず「ある程度まとまった段階で外に知らせる」とした。調査終了のめども不明。8日以降の調査予定も明らかにせず、情報公開に消極的な姿勢は批判を呼びそうだ。

依頼文のメールは、子会社社員らに会社ではなく自宅パソコンを使い、番組宛てに原発再開を容認する立場から意見や質問を出すよう要請。一部子会社は社内ネットの掲示板に依頼文を掲載し、全社員が閲覧できる状態だった。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110707/trd11070722160027-n1.htm

————————————————————–

続報  朝日のニュースっ!

賛成メールのやらせ、少なくとも50通 九電メール問題  (2011年7月10日12時34分)

九州電力の「やらせメール」問題で、玄海原発(佐賀県玄海町)2、3号機の運転再開に理解を求めるテレビ番組に、九電関係者から少なくとも約50通の賛成意見が電子メールで送られていたことがわかった。番組に寄せられた賛成意見の2割強が「やらせ」で、運転再開に向けた世論操作をしていたことになる。

九電は関係者の聞き取り調査を進めており、賛成メールの総数は増える可能性がある。社内調査では、原発部門のトップだった前副社長の意向を受けて、課長級社員がグループ社員らに指示。原発部門の主導で実際に多数の賛成メールが送られたことも判明したことから、11日にも公表する調査結果で、「組織的な関与」を認める方向だ。

6月26日放送の国主催のテレビ番組では、メールで視聴者からの意見を集めた結果、原発の運転再開に賛成意見が226通、反対が119通あった。

http://www.asahi.com/national/update/0710/SEB201107100004.html

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: