福島原子力発電所土木工事の概要

知り合いから、「これ見た?」って、資料が送られてきた。

あんがとね、セルジュ! Merci Serge!

それは、どんな資料なのか?

福島原子力発電所土木工事の概要 というもの。

資料は2部あり、各10ページづつ、それぞれ、① 土木技術22巻9号 と ② 土木技術22巻10号 と記されている。

製作は、東京電力(株)福島原子力建設所土木課長、佐伯正治 という人によるもの。

どうやって、福島第一原子力発電所が建設されていったのか、その過程、その工事計画、工事概要を読むことが出来る。

土木、技術、云々かんぬん・・・なので、住民の安全がどうの、放射能がどうの、危険性について・・・など、一切出てきておらんな、やっぱ。

見てみる?

PDF資料をどうぞぉぉぉおおおお。

 福島原子力発電所土木工事の概要 土木技術22巻9号 ここを押してね☆ → 直ちに停めろっ!!

 福島原子力発電所土木工事の概要 土木技術22巻10号 ここを押してね☆ → 原発、もう沢山、いらんってばぁぁああ!!

なんかさ、原発の安全対策の至上命令、3原則「冷やす、停める、閉じ込める」っていうのを、みんなも学んだよね、でさ、わたしさ、思うんだよね、本気の3原則は、原発を「建てない、建てない、建てない」!!!! じゃね?って、思うんだよね。

みんなは、どぉぉぉ思う?ソコんとこさぁぁああああ?

じゃぁぁぁああああああねっ☆

Advertisements

2 responses to “福島原子力発電所土木工事の概要

  • 松本

    波高7メートルの根拠がわかりましたわ。台風時の最大波高8.1m、有義波6.5mというやつですね。やっぱ、津波とか、全く考えていなかったということで。しかし、津波でなくても7メートル想定しとかんといかん場所なわけで、とんだ「想定外」ですね。

    地下水がどんどん噴出する場所で、そりゃあ、汚染水が行方不明になるわけですわ。

    あと、花崗岩質のいい山をひとつぶっ壊してるんですね。派手にやってくれたもんです。貴重な資料、ありがとうさんでした。

  • onaironaironair

    まっつもとさんっ!!

    つまり、この資料ってのは、「原発の作り方」なわけで、材料が書いてあるわけで、手順が書いてあるわけで、ぅぅううう・・・ん・・・もう、分けわからんのです。
    ほんまに、こんなもん調理したくないわい、やめろっっっ、とめろっっっ、ゆうとるのに、なんで、こんなんの?って、もう頭をガッシガシっ振って脳みそシャッフルしても、分けわからんです。
    昨晩、祝島のこと、島の住民の方々のこと、上関原発を停めようと泣いて、泣いて、叫んで、仕事や生活を犠牲にして、断固反対運動し、監視し、デモを行っている人々のことを想ったんです。
    暴力的に、ズカズカと人の土地に入り込んで、力でもって、権力でもって、金でもって、札束で殴る形で、土地や人々の心さえをも買おうとして進められており、福島原発事故後も、工事中止発表がされた後も直、こっそり隠れて極秘に?の、わりには大々的に!!!ダイナマイト!!!を使って建設作業がおこなわれとる・・・ドえらいなんてもんじゃないですわコレほんま。

    幸福の「福」・・・福島。
    メデタク祝いの・・・祝島。

    なんで・・・どうして・・・ねらっとるんか?どゆこと?
    やっぱ、私には理解不可能なことが起こっとります!!!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: