4 nouveaux “hotspots” – 新たな4ヶ所の「ホットスポット」

Selon le journal CNN.co.jp (11/06/2011), le gouvernement japonais a ajouté 4 endroits dans la liste du “hotspots” (point chaud).

– 3 endroits dans le quartier de Ryozen de la ville de Date à Fukushima (environ à 50km de la centrale de Fukushima-Daiichi) = entre 20.1mSv/an et 20.8mSv/an

– Quartier Haramachi de la ville de Minamisouma à Fukushima (environ à 33km de la centrale de Fukushima)

Combien d’habitants à Ryozen? (fin mai 2011)

712 maisons

Homme : 1108 personnes

Femme : 1151 personnes

———————————————-

CNN.co.jpで読んだけど、新たな4ヶ所のホットスポットが日本政府によって発表されたんだね。

– 福島県伊達市霊山町内に3ヶ所 (原発から50キロ) = 年間累積放射線量は推定で年間20.1~20.8ミリシーベルト

– 福島県南相馬市原町内 (原発から33キロ)

伊達市霊山は、 2011年5月末の統計

712世帯

男 : 1108人

女 : 1151人

だって。

ところで、南相馬市原町の原町第一小学校が避難所になっていて、そこに5月27日12時の時点で、106人が避難所生活してるって統計にはなってるんだよね・・・情報、行ってるのかな?行ってるよね!

CNN.co.jpの記事、ここに置いておこっと。

日本政府、福島県内4ヶ所を「ホットスポット」に指定

2011.06.11 Sat posted at: 09:11 JST

東京(CNN) 福島第一原子力発電所の事故による放射線量が高い「ホットスポット」のリストに新たに福島県内の4カ所が追加された。日本政府当局が10日、明らかにした。

4 カ所のうち3カ所は福島県伊達市霊山町内にあり、日本政府のデータではこの3カ所の年間累積放射線量は推定で年間20.1~20.8ミリシーベルトだとい う(先進国に住む一般人の年間被ばく線量は約3ミリシーベルト)。霊山町は、福島第一原発から50キロ離れており、約180世帯が暮らしている。

残りの1カ所は福島県南相馬市原町内にある。南相馬市は福島第一原発から33キロ離れており、政府が定めた半径30キロ以内という避難対象地域の圏外にある。

記事 :

http://www.cnn.co.jp/world/30003028.html

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: