ホールボディカウンターは日本国内に何台あるの? – Le Japon possède combien de whole body counters?

20011年5月19日に厚生労働委員会「海外からの放射線線量計の行方」をとことん突っ込んでいた福島みずほ氏が自身のブログ「福島みずほのどきどき日記」(6月7日付)に『ホールボディカウンタ(WBC)保有台数』(原子力被災者生活支援チームとりまとめ・平成23年6月6日現在)という資料を掲載してるね!

その資料によると、日本国内に合計106台あるんだってさ。

とりあえず、福島には何処にあんのか?

福島第一原子力発電所 4台

福島第二原子力発電所 4台

福島県立医科大学医学部付属病院 1台

福島県環境医学研究所 2台

だってさ。

ホールボディカウンター保有台数

ホールボディカウンターって何?→

あと、福島みずほさんのブログに突っ込み入れとくよっ。←何さま?(笑)

『今日の厚生労働委員会で、ホールボディーカウンターについて質問しました。
管轄が様々な省庁にわたるため、今回やっと統合した形での数字がでてきました。
全国に109台あることが明らかになりました。
本来ならば、原発事故がおこってすぐに、こういった情報がまとめられているべき。遅い。』

って書いてるけどさ、福島さん、せっかく貴重な資料を載せてくれてるんだから、資料をシッカリ見てから書いて。

109台じゃないから、106台だからね! 3台多めに書いてることになるよ、あなた自身で3台個人的に持ってるのかもって思えてくるよ! ←だったらスゲぇ。

掲載されてる資料(PDF)が縦の資料なのに、横向きに掲載してるから  と  の見間違いをしてるんだと思うけど、こういう数値は、2度3度、見直してから正確な数値を書いてよね。

忙しいんだったら秘書さんに頼んで訂正したほうが良いよぉ。

じゃぁね!!

追記

そういえばさ、福島みずほ氏も追求していたガイガーカウンター「成田空港止まり」の件・・・その後、全部「無事」に配布されたのか??→ 

あと、仏ガイガーカウンター会社に電話してみたこともあったなぁ、そういえばぁ。→ 

追記 2

ホールボディーカウンタでは、セシウムしか検出できないから意味なし??

2011年7月に来日したクリス・バズビー博士の見解。

追記 3

クリス・バズビー博士は、「ホールボディーカウンタでは、セシウムしか検出できない」って言ってるわけだけど、ちょっと待ってよ。

あたしは、「原発被曝労働者 32年 たった一人の戦い 梅田隆亮氏」動画を見た後だったからバズビー博士の発言には、ええええ??って思った。

だってさ、、梅田さんがホールボディーカウンタで内部被曝の検査(1979年当時のもの)を受けた時のデーターが見つかった2008年の事なんだけどさ、梅田さんの内部被曝の結果が書かれた映画のフィルムみたいな紙テープみたいなのに書かれてるがあってさ、長崎大学の松田尚樹教授が、それを見ながら解説してるわけさ。

で、「セシウム137、コバルトこれが3種類出てきています。それからマンガン54、すべて通常の体内からは検出されないものだと思いますね。」っと話してるんだよね。

1979年に検出できていたものが、2011年に検出が「セシウムのみ」になると思う??

それとも、日本のホールボディカウンタと海外のソレとでは違いがあるわけぇぇええええ?

以下の動画の11:43から見てみて、で、先日まで山下俊一教授がいらした、長崎大学にあるホールボディーカウンタも映ってるんだよね。

ウィキペディアには

「ホールボディカウンター(英語: whole body counter)は、内部被曝線量を調べるために、人間の体内に摂取され沈着した放射性物質の量を体外から測定する装置。ホールボディカウンタ、ヒューマンカウンタ、全身カウンタとも呼ばれる。

検出、測定の対象とされる放射性核種は、マンガン54、コバルト60、セシウム137などのガンマ線放出核種である。体内の放射性核種から放出される透過力の強いガンマ線の多くは吸収されず漏出するが、ホールボディカウンターは身体から漏出するガンマ線全てを計測する。体内に存在する微量の放射能の定量分析あるいは人体内の放射能分布の測定に利用されている。

原子力事故により周辺住民が放射性物質を体内に取り込んだ可能性がある場合に、救護所や避難所に運びこんで、多数の人々について体内汚染の有無の迅速な判断に活用するための移動式ホールボディカウンタ車が実用化されており、独立行政法人日本原子力研究開発機構はこれを3台所有している。」 (2011年7月の時点で)

って、書いてあるけどねぇぇええええっ!!

追記 4

—————————————–

Le Japon possède combien de whole body counters?

Selon le document datant du 6 juin 2011 par l’équipe d’aide aux victimes de la catastrophe nucléaire ホールボディカウンター保有台数

Le Japon possède au total : 106 whole body counters.

et à Fukushima?

La centrale nucléaire Fukushima-Daiichi : 4

La centrale nucléaire Fukushima-Daini : 4

L’hôpital universitaire de médecine de Fukushima : 1

L’institut de médecine environnementale de Fukushima : 2

“whole body counter” ?? →

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: