Un thé ou un café?

読売新聞 「荒茶の検査しない…静岡知事、政府方針従わず」 2011年6月3日

静岡県の川勝平太知事は2日、「荒茶の検査はしない」と述べ、政府の要請に従わない考えを示した。

川勝知事は「原子力安全委員会の放射能の専門家は1人だけ。たった1人の意見に、県民が最も大事にしているお茶が振り回されるのはおかしい。荒茶は半製品で消費者が口にすることがない。中途半端に安全のためにすることが、結果的に不安を増幅させることになる」と述べた。

静岡県の生茶葉は5月の県の検査で規制値を下回り、知事が「安全宣言」を出している。

農水省によると、静岡県の2009年度の荒茶の生産量は3万5800トンで、全国の41・6%を占める。厚労省は「検査を実施してもらえるよう、丁寧に説明していく」としている。

(2011年6月3日09時27分  読売新聞)

この記事フランス語に訳しとくわ、ほれっ。

Traduction en français – Journal Yomiuri, le 3 juin 2011

Titre : Le gouverneur de la préfecture de Shizuoka ne fait pas l’inspection du thé vert du département de Shizuoka…il ne va pas se conformer à la demande du gouvernement

Le gouverneur de la préfecture de Shizuoka, Heita Kawakatsu, a déclaré de sa propre autorité, le 2 juin, que “L’inspection d’aracha (Thé vert brut) ne sera plus pratiquée”. Il a ainsi indiqué son intention de ne pas se conformer à la demande du gouvernement.

Le gouverneur Kawakatsu a aussi précisé qu'”il est anormal qu’il y ait seulement une seule personne spécialiste de la radioactivité à la commission japonaise de sûreté nucléaire et que le thé, que les populations de Shizuoka considèrent comme le produit principal de la région, soit mis en cause par cette seule personne. Les consommateurs japonais ne prennent pas de thé d’aracha [parce que c’est un thé brut, ndt]. Enfin de compte, ce sont des mesures à demi sécuritaires qui peuvent provoquer un sentiment d’anxiété.”

Lors d’un contrôle effectué en mai, le gouverneur avait déjà fait une déclaration sur la sureté des produits du thé du département de Shizuoka, indiquant que le taux de radioactivité des feuilles d’aracha primeur de la préfecture de Shizuoka était inférieur aux limites autorisées.

Selon le Ministère de l’Agriculture, des Forêts et des Pêches, la production d’aracha de l’an 2009 comptait 35800 tonnes, c’est à dire 41,6% de la production du pays.

Quant au Ministère de la Santé, du Travail et des Affaires sociales, il a déclaré : “Nous allons expliquer soigneusement la nécessité de pratiquer un test de radioactivité.”

———————————–

でさ、その日のうちの数時間後(6月3日午後)に静岡知事は、気分がころぉっと、お変わりになったと、わけわからんわ。

ま、取りあえず2000以上ある工場一軒一軒を検査するって宣言したんだから、とことんヤってや、ほんま頼むわ!! あと、検査断って「安全宣言」とか有り得ないってば、逆効果過ぎるってば。

「荒茶」って・・・静岡知事、そういう知事が荒いだろっ。

「荒茶」って名前が既に・・・なんやから、「狂茶」にすんなや!!

Quelques heures après sa déclaration, le gouverneur a changé son avis (enfin après-midi le 3 juin), il va faire des contrôles dans toutes les usines (environ 2000) du thé aracha de Shizuoka, OUF!!
NHK News

記事が後に読めなくなることもあるみたいなので、ここに置いとくわ。

NHK ニュース

静岡県 一転し「荒茶」検査へ6月3日 19時47分

茶葉を乾燥させた荒茶について、政府が2日、放射性物質の検査を行い、生の茶葉と同じ基準で出荷制限を検討 することを決めたことについて、静岡県の川勝知事は「科学的な根拠が明確でない」として検査しない方針を示していましたが、3日、一転して政府の意向を受 け入れ、これから収獲が始まる二番茶から検査を行うことを決めました。

荒茶を巡っては、政府が2日、生の茶葉と同じ基準で出荷制限を検討することを決めましたが、静岡県 の川勝知事は、荒茶は消費者が直接、口にすることはなく、「科学的な根拠が明確でない」として、放射性物質の検査をしない方針を示していました。しかし、 川勝知事は3日夕方、一転して政府の意向を受け入れ、これから収獲が始まる二番茶からは検査を実施することを明らかにしました。一番茶については業者にほ とんど在庫がないため検査は行わず、風評被害を防ぐため二番茶からの実施を決めたということです。検査は県内におよそ2000ある荒茶の加工場ごとに行う ということで、今後、具体的な方法などを検討することにしています。川勝知事は「政府が荒茶を検査対象にしたことについて決定過程が不透明なので、今後、 説明を求めていく」としています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110603/t10013309281000.html

—————————————————–

映画 「茶の味」 (2004年) 監督 石山克人

Film “The Taste of  tea – Le Goû du thé” (2004)  de Katsuhito Ishii

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: