原発労働者 - Travailleurs des centrales nucléaires


テレビ朝日 (2011年6月3日)

福島第一原発の作業員2人が大量に内部被ばくした問題で、東京電力は、2人の被ばく線量が外部被ばくと合わせて最大650ミリシーベルトに達するという評価結果を発表しました。緊急時被ばくの上限の250ミリシーベルトを超える作業員が出たのは今回が初めてです。

この情報もフランス語にしとくぞ。- Je traduit cette info du japonais en français :

TV-asahi (3 juin 2011)

Un problème important se pose d’irradiation  interne de deux travailleurs de la centrale nucléaire de Fukushima-Daiichi. TEPCO a annoncé que les résultats d’évaluation atteindront jusqu’à 650 mSv de dose de rayonnement externe en association avec l’irradiation interne.  Pour la première fois, les travailleurs de la centrale de Fukushima-Daiichi ont dépassé la limite supérieure de 250 mSv, que le Japon a a prit comme seuil réglementaire.

—————————————————————-

3月下旬なんだけど、ル・モンド紙にあった情報からメモったこと、ここに置いておくよっ。

 ピエールさん(52歳) 28年間原発で働いた後に病気になり、癌だと発覚、労災認定された。

 28年間に浴びた放射線蓄積量=合計316ミリシーベルト。

 労働期間30年間として、電力会社EDF職員が浴びる平均放射線蓄積量=19ミリシーベルト。

 国際的調査を原発国15カ国で行った結果、原発労働・作業員で癌で亡くなった人々の浴びた平均放射線蓄積量=19ミリシーベルト。

この情報(記事)を書いた人は新聞記者ではなく、社会学者で主に健康、労働、環境を専門にしている人で、まさに原発労働者の環境についても本を出版している人なんだけど、この前さメールをやりとりする機会があってさ、樋口健二さんのドキュメンタリー「隠された被曝労働~日本の原発労働者」 見てなかったら見てええええって言ったら、後に返事が来て、「見た。えええええ、もう信じられないっ、最悪だわ。酷すぎる。しかし、これが現実でさ、フランスでも残念ながらこういった最悪の労働条件の中で働く人たちがいるだよね。とにかく私の研究の中で、この労働環境問題と、その働く人々の家族の人々の環境問題 について徹底的にやっていくわ。」とのことだった。ってのを、ここにメモっとくよ。

「隠された被曝労働~日本の原発労働者」

1995年イギリスの BBC Channel4が制作したドキュメンタリー

樋口 健二 (フォトジャーナリスト) 作

“Nucléaire Ginza – empoisonnement par les radiations à l’intérieur de l’industrie nucléaire du Japon” de Kenji Higuchi (journaliste-photographe)

(Channel 4 – Angleterre – 1995)

フランスでも、樋口健二みたいに、原発労働者とその労働環境に注目してドキュメントした人がいるよ。

このドキュメンタリー監督の名前は、Alain de Halleux、ドキュメント題は”R.A.S. nucléaire rien à signaler”(2009年)だよ。

“R.A.S. nucléaire rien à signaler” (2009) d’Alain de Halleux

追記

2011年6月4日に開かれたシンポジウム「そこで働いているのは誰か――原発における被曝労働の実態」の講演内容まとめ

報道写真家・樋口健二氏、38年間、原発を追い続け、今日2011年、労働者の実態を語る。

報道写真家・樋口健二氏のの講演内容まとめに飛ぶ。→

voir également :

原発労働者 2 - Travailleurs des centrales nucléaires 2 → 

原発労働者 3 - Travailleurs des centrales nucléaires 3 → 

——————————————————————–

ARTE : Les burakumin, les intouchables japonais 

“La catastrophe de Fukushima, c’était il y a 3 mois. Depuis, les agences d’intérim peinent à trouver des travailleurs qui acceptent d’aller dans la centrale dont l’avenir est toujours imprévisible. Mais où Tepco va-t-il donc chercher ces “volontaires” quand on sait qu’à ce jour, 3 hommes sont morts irradiés dans la centrale endommagée. Selon certaines rumeurs, des “burakumin” seraient recrutés, des personnes issues d’une caste très pauvre qui s’est toujours vu confier les basses besognes depuis l’époque Edo mais aussi des sans-abri et des journaliers, une main d’oeuvre bon marché et soumise. Une pratique courante dans les centrales nucléaires japonaises, bien avant Fukushima. Un reportage de Lili Eclimont.”

(14/06/2011)

Aller voir Les burakumin, les intouchables japonais → 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: