仏ガイガーカウンター会社に電話してみた。

今電話を切ったばかり。(2011年5月27日)

かけたのは現在ネット上でも話題?のフランス・ナノセンスという会社・・・ちょっと小さい点が入ると「ナンセンス」になる。(笑)

NanoSense ホームページ

私が得た情報では・・・

●現在日本から入ってきている注文の正確な数は・・・言えません。←企業秘密なんだと思う。

●現在このガイガーカウンターの日本語版を作るのに作業中であり、正式な日本向けの発売は決定していない。←特許とかの問題や手続きなど色々あるんでしょうな。

●その決定的な日本への発売は、1年以内にはしたいという予定で、今のところ3ヶ月以内にするのは無理だと思える、でも急ぎたいと思ってる。

●CRIIRAD がウチ(ナノセンス)のガイガーカウンターを幾つか持っており、たとえばCRIIRAD関係者や、その家族に行き渡る(日本内の使用という事で)ものが存在する。で、あ と、どうしてもどうしても欲しいって事であれば、1人2人分ぐらいは分けてもらえると思うのでCRIIRADに連絡、電話されてみてはいかがか?って言われた。

●今注文されたとして・・・商品を渡せるのは・・・確実に言えるのは9月前には渡せないだろうと思う。

●製造をしているので、市場に出た後の値段は色々あるし、こちらとしては正確な値段は申し上げられない。

そこで、フランス語サイトで値段比較が出来るところで調べてみた。

結果は以下、はい、確かに値段は様々やね。

ガイガーカウンター価格比較

2011年3月28日付、Le Parisien – ル・パリジャンのビデオニュース “Des compteurs Geiger Produits en France au secours des Japonais” – 「日本人救助にフランス製ガイガーカウンター」で、Olivier Martimort・オリヴィエ・マルティモーさん(ナノセンスの会社役員)が電話インタビューで言っている要点。

① 福島の原発事故以降たったの1時間半以内で在庫はなくなった。

② 何千個単位で製造し続けていて、とにかく誰かがしなきゃという事でアレから毎日夜中の0時まで仕事・製造してる、こんな狂った日々がもう2週間続いてる。

③ アルファベットでは理解 できない日本人へ向けて日本語版を製作のために、資料などを日本語に訳している。

④ お客様問い合わせセンター(番号)を設置し日本語で受け答えできる人 *を教育している所。* Un japonais と言っているので1人。

⑤ 私の周りの日本人達の中でも現地に出向いて援助しにいきたいといっている人たちが居る。

追記

いよいよ日本語版サイトできたみたいやわ。(発見2011年6月5日)→ナンセンス ナノセンスへ飛ぶ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: